华德智慧能源管理 吴晓勇

协鑫智慧能源公司简介

ビルや工場などで通常使用されている電気の電圧は100Vから400V、一般家庭においては100V・200Vが使用されていますが、発電所からは27万5000Vから 50万Vという超高電圧で送電されています。発電所や変電設備の多くは都心・市街地から離れた場所にあります。電気が使用される生活地域まで、数十km~数百kmを電線を通じて送電する必要がある為、電圧を高めて送電ロスを小さくして送っていますが、 数万ボルト~数十万ボルトの高い電圧の電気ではそのまま使用することが出来ません。 照明やコンセント、空調設備などで使用する為には、それらに合わせた低い電圧に変換する必要があります。受変電設備は、電信柱を通じて電力会社から供給される6600Vの電気を、使用できる電圧の100V・200V・400Vに変圧する設備です。

山东智慧能源科技有限公司

高圧で引き込んだ電気を、単純に変圧器で100Vや200V・400Vの電気に変圧するだけでは電気を安全に使うことは出来ません。電信柱からつながる配電線への雷侵入の危険性、漏水等に起因する漏電事故の発展、変圧器の故障など、様々な事象を未然に防ぐことが必要です。受変電設備は、万が一の時でも電気を安全に使用できるように、それらの事象に対する安全装置を備えた、電力の分配・供給をより確実に行なうシステムです。 内山電機は、電気エネルギーが安全かつ経済的に活用されるために、高品質の製品作りを常に追い求めています。また、省エネ・省スペースで環境調和に対応した製品開発にも積極的に取り組んでいます。

受変電設備の種類は様々ですが、近年は変圧器を内部に収納した「キュービクル式高圧受電設備」が主流になっています。「キュービクル式高圧受変電設備」はコンパクトな鋼板製の箱に必要な機器が収納されているので設置場所をとらず、保守点検も容易に行えます。内山電機では、お客様の様々なご要望と使用条件に合わせた設計を行なうと共に、耐久性とメンテナンス性に優れた構造の製品を、出来る限り短納期で納入することを目指しております。

智慧能源行动计划

2階建受変電設備

設計管理:株式会社久米設計様
工事施工:東光電気工事株式会社様

公立昭和病院様に納入した「2階建受変電設備」は、まさにオーダーメイド方式の内山電機の真骨頂とも言える製品です。 既存電気室内の受変電設備の完全リニューアルに伴い、限れたスペースの電気室内に如何にして必要な設備容量の新たな受変電設備を設置するかが課題でしたが、設計事務所様、電気工事会社様との協議と御指導の末に完成し、2009年秋に納入致しました。

ページ上部へ